どんなものにも縁がある

この記事は2分で読めます

202307_1382

自分の愛用品に、8年使用している腕時計があります。

 

ソーラー充電機能や時刻の自動校正機能など、

今では当たり前になっている機能が

出始めた時に購入したものなのですが、

購入以来、8年間一度も修理に出すことなく、今でも元気に動いてくれています。

 

この腕時計、自分にはちょっと特別で、

何か不思議な縁を感じてならないんです。

 

というのも、実は今まで何度も紛失しまくってるんですが、

その度に、ちゃんと自分のもとに帰ってきてくれてるんです。

 

よくやらかすのが、

ゲームが好きなのでゲームセンターにちょこちょこ行くのですが、

遊ぶのに邪魔で、外してゲーム台の上に置いて、

そのまま忘れて帰った、

 

ということを、覚えている限りで6、7回はやりました(笑)

 

ゲームセンターという場所柄を考えれば、

誰かに盗られていても全然おかしくないのですが、

お店に連絡すると親切な方が届けてくれていたり、

取りに戻ったら置いた場所にまだあったりと、

なぜか、ちゃんと毎回帰ってくるのです。

 

また、アスファルトの地面に何度も落っことしたことがありますが、

何事もなかったかのようにしっかりと時を刻んでくれてました。

 

置き忘れても落っことしても、

何があっても今まで通り、自分のそばにいてくれる、

 

それってモノだけじゃなく、人の縁も同じだと思うんですよね。

 

モノであれ人であれ、出会いっていうのは縁であり、

その中で特に自分と関わりが深く

これから先、付き合いが続く人との出会いのことを「運命」といいます。

 

それが将来を誓った人であるならば「赤い糸で結ばれた人」であり、

気の合う友人として長い付き合いになれば「親友」であり、

気は合わないけど長い付き合いになる人とは「腐れ縁」になるのです。

 

ビジネスの世界では、そういった出会いは特に顕著だと思います。

 

グーグルは、「ラリー・ペイジー」と「セルゲイ・ブリン」という、

2人の若者の出会いがなければ誕生しませんでした。

 

ソフトバンク創業者「孫正義」は、

日本マクドナルド創業者「藤田 田」との出会いがあったからこそ、

ソフトバンクが誕生したのです。

 

このような出会いは、彼らだけに与えられた特別な「縁」なのかというと、

その通りです。

 

世界に名を馳せるほどの大きなことを成し遂げる人には、

普通の人にはない「縁」があります。

 

しかし、それほどではないにしろ、

自分の人生を180度変えるほどの「縁」は誰にもあり、一生のうちに一度は訪れます。

 

しかし、ほとんどの人が、その「縁」に気づかないまま通り過ぎるか、

変化を恐れて行動せず、チャンスを逃しているのです。

 

今の自分があるのは、過去の自分の行動の結果です。

未来の結果を変えるには、今の自分を変えるしかないのです。

 

<PS>

ちなみに、愛用の腕時計はこんなのです↓

IMG_2419[1]

もしかして、安っぽい時計に見えるから取られなかった、とか?

 

一応、カシオの限定モノで、それなりの値段はしたんだけどなあ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 07
  2. dream009
  3. img_0
  4. money_10000
  5. ojisan_shock
  6. image

    2014 04.12

    パズドラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おきてがみ

ブログランキング参加してます!

ポチッとワンクリックお願いします!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。