ぶっちゃけ面白けりゃいいんです

この記事は2分で読めます

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

テーマパークって、

なぜか財布の紐が緩んじゃいますよね。

 

お土産買わないといけないし、

パークの中でしか買えないフードは魅力的だし、

アトラクションに乗ればいろいろ叫んで喉がかわいてドリンク欲しくなるし、

待ち時間短縮のために優先パスを買うことも。

 

いくら使ったとか考えると頭が痛くなるので考えないようにしますが、

なぜテーマパークに行くと財布の紐が緩んじゃうのか?

 

答えは簡単「面白いから」です。

 

現代の日本において、

普通の生活をしていて

生きていくのに必要なもの(例えば服とか布団とか)が

足りてないっていう人は

まずほとんどいません。

 

つまり、

買わなければいけないものがないんです。

 

そうなると、

お金の使い道というのは、

「必要なもの(需要)」から「欲しいもの(欲求)」

にシフトします。

 

不思議なことに、

人間は必要なものにはお金を使いたくないものですが、

必要でないもので欲しいものには

糸目をつけず使いたくなる傾向にあるようです。

 

その「面白い」を個人で提供できたら、どうでしょう?

 

一気に人生を成功させられるかもしれませんね。

 

その最たるものが、

インターネットでご飯を食べている人たち。

 

よく知られているのが、

「ユーチューバー」と呼ばれる、ユーチューブに動画をアップして、

企業広告を一緒に流すことで広告費をもらい、それで生活している人たち。

 

ニコニコ動画で「歌い手」「踊り手」として、

「歌ってみた」「踊ってみた」の動画をアップして、

再生回数の応じて、ニコニコ動画の方から支援金をもらっている人たち。

 

「ユーチューバー」も「歌い手」「踊り手」も、

トップレベルの人ともなると、年収1000万を超えるそうです。

 

充分、人生を成功させている言えるでしょう。

 

じゃあ彼らはなぜそんなに報酬がもらえるのか?

 

もちろん、再生回数が多いからですが、

再生回数が多いのは、それだけ「面白い」を提供してるから。

 

面白いものは口コミでどんどん広がります。

 

インターネットなら一瞬です。

(バイラルというやつですね)

 

そうすると、瞬間的に再生回数が爆発的に伸び、

多くの報酬が支払われる、ということですね。

 

インターネットに限らず、

テレビで活躍する芸能人やゲームなんかも、全く同じです。

 

面白いものに人はお金を使いたがる、

これからの時代の成功の鍵と言っても間違いないでしょう。

 

<PS>

自分はこのブログで、

どれだけ「面白い」を提供できているか分かりません。

 

もし面白いと思ったら、

コメント下さい(^^)

 

そうじゃなくても

コメントくれるだけで飛び上がって喜ぶと思いますが(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. zutuu
  2. money_10000
  3. ojisan_shock
  4. dream009
  5. image

    2014 04.12

    パズドラ

  6. dl
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おきてがみ

ブログランキング参加してます!

ポチッとワンクリックお願いします!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。