コンビニコーヒー戦争

この記事は4分で読めます

lgi01a201311191700
1年くらい前から、
突如として勃発したコンビニコーヒー戦争。
一体何があったのかと聞きたくなる勢いで、
次々と各コンビニがコーヒーのドリップサーバーを置くようになり、
手軽に本格的なコーヒーが
格安で飲めるようになりました。
コンビニごとに
さまざまな趣向をこらしてますが、
いろんな人の意見を聞くと、
セブンイレブンのコーヒーが1番美味しいという意見が圧倒的に多い。
確かに、僕もコンビニコーヒーの中では1番美味しいと思います。
(単純に家から近いという理由もありますが)
アイスもホットも小サイズなら100円で買えて、
購入ボタンを押してから豆をひいてくれるので、すごくいい香りが漂います(^^)
この香りを嗅ぎたいがために買いに行ってるといっても
あながち間違いでないぐらい(笑)
味も正直、下手な喫茶店のものより美味しい。
この美味しさなら、300円でも買うかも。
しかし、100円コーヒーなのに、なんでこんなに美味しいのでしょうか?
少し前、その答えとなる記事が、
ちょっと話題になってました。
(知ってる人も多いと思います)
「セブン-イレブンのコーヒー原価が高すぎると話題に。意外と高かった?」
これを読むと、なるほど納得。
値段の約半分が原価に費やしていて美味しくないはずはない。
コーヒーは、
「豆の新鮮さと質が味の80%を決める」
と言われているので、

良い豆を仕入れるために原価にお金をかけるのは、

ある意味必然と言えます。
しかし、原価に半分もかかっていたら、
ここから人件費などの経費を差し引くと、
セブンコーヒーの利益は、ほぼゼロでしょう。
コンビニ最大手のセブンイレブンが利益が出ないものをなぜ売るのか?
もちろん、集客のためです。
「セブンイレブンに行けば、本格的なコーヒーが格安で楽しめる」
という名目でお客さんに来てもらい、
ついでに何か一緒に買ってもらうというものですね。
なので、セブンコーヒーの販売自体で利益を取ることを考えていないはずです。
「サンプル・目玉商品→売りたい商品」
という誘導を仕掛けているシンプルかつ強力な販売戦略なので、
起業を考えている人はぜひ覚えておくといいですよ。
<PS>
イオンショッピングモールにテナントとしてよく出店している
コーヒー関連商品や輸入食品を扱う「カルディコーヒー」は、
店頭でサービスとしてコーヒーを配り、
「店内でお飲みください」と促して店内に集客しています。
自然なかたちでお客を店内に誘導できて、
コーヒーを飲みながらじっくり商品を見てもらえる。
店内の滞在時間が長いほど購入率が上がるので、
「なるほど、素晴らしい集客方法だな」と
勉強になりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dream009
  2. zutuu
  3. 07
  4. img_0
  5. image

    2014 04.12

    パズドラ

  6. money_10000
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おきてがみ

ブログランキング参加してます!

ポチッとワンクリックお願いします!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。