世の中ネバーランド?

この記事は2分で読めます

dream009

僕は半年前に会社を辞めました。

 

そして、生活環境を大きく変え、

後ろを振り返らず今も突っ走り続けています。

(途中何度かつまづきましたが)

 

新しい情報を収集して、

自分に必要なものだけをどんどん取り入れ、

足らなければネットや足を使って探し、

それでも分からなければ人に聞いて・・・と、

 

とにかく足を止めないようにしてきました。

 

「そんな走り続けなくても、じっくりやっていけばいいじゃない」

 

と、言う人もいますが、

ゆっくりするのは、自由になってから、いくらでも出来ますから。

 

でも、さすがに半年間走り続けてると少しは疲れも出てくるので、

ちょっと、ひと休みして、後ろを振り返る機会を作ってみました。

 

すると、恐ろしいことがわかりました。

 

「周りの時間が止まっている」

 

半年前と全く何も変わらない、

全く一緒の生活をしてるんです。

 

まるで、ピーターパンの世界「ネバーランド」みたい。

 

 

平日は、

朝起きて「仕事嫌だな」といいながら朝食を済ませ、

通勤ラッシュでモミクチャにされながら会社に行き、

意味のない聞き飽きた朝礼を眠たい目をこすりながら聞き、

つまらないことで上司に怒られ、

休憩時間に同僚と愚痴をたれ、

昼食をワンコインランチで駆け込み、

得意先でまたも怒られてヘコみながら会社に戻り、

サービス残業して仕事をこなし、

帰宅ラッシュでまたもモミクチャにされながら、なんとか帰宅、

ため息ばかりつきながら夕食を取る、

休日は、

仕事の疲れを言い訳に家でゴロゴロ、

スマホをいじってたら、気づいたらもう日曜の夜、

「また明日から仕事か〜」とため息つきながら就寝

(以下、繰り返し)

 

それが安定の正体。

そういえば一時期、「サザエさん症候群」という言葉が流行りましたね。

 

サザエさんが始まる時間帯(日曜日の夕方頃)になると、

「明日からまた仕事か・・・」

と考え始めて憂鬱になり体調が悪くなるという症状ですが、

僕もサラリーマン時代は毎週そんな感じでした。

 

だからこそ、

今こう言います。

 

「サラリーマン以外にいくらでも生きていく道あるよ」

 

はっきり言ってサラリーマンでいる必要性は全くありません。

 

むしろ、サラリーマンでいることで生じる弊害の方が多い。

 

僕は少なくとも、

サラリーマンの時の無闇やたらなストレスから解放され、

ずっと充実した生活が出来てます。

 

ネットビジネスなら、

お金がかからずリスク0で起業できるので何度やり直しできます。

 

それに、僕みたいに辞めてから起業目指す必要もなく、

サラリーマンやりながら起業して、

軌道に乗ってから辞めればいいんです。

 

もちろん、起業に固執する必要はありません。

 

少なくとも現状に満足してないなら、

何か行動してみれば?

と言いたいんです。

 

「何かをすれば、何かが変わる。

何もしなければ何も変わらない」

 

昔、僕のメンターだった人から教わった言葉です。

 

何か、感じるものがあれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 202307_1382
  2. img_0
  3. image

    2014 04.12

    パズドラ

  4. zutuu
  5. lgi01a201309231600
  6. lgi01a201311191700
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おきてがみ

ブログランキング参加してます!

ポチッとワンクリックお願いします!

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。